晴れた土曜日、上向いて

理由ばっかり尋ねる世界でワケなど一つも無く。

小さな王国の王様たちは、旅に出ることになりました。

記録として、ここに残しておきます。

未来の私が、どんな気持ちで遡るか分からないけど

なにかしらの形で、気づきになればなと思う。

 

 

 

2018年1月17日、せっせと働いてた私のLINEが三回連続で鳴って、気になったからロック画面だけ確認。友達からのLINE。

「キンプリデビューおめでと(笑)」

 

………は?キンプリ?いやまって?デビュー?

 

普通に混乱。意味わかんないぞ?

 

人間ってびっくりすると、ほんとに脳みそ止まる。初めて知ったわ。涙出るとか以前に驚きがでかすぎて、とりあえずトイレのフリしてケータイ確認。

 

一気に情報の波が押し寄せて、ぜんっぜん脳まで届かない。目に入るだけで理解できない。

 

KINGとprinceがまとまって6人で今春CDデビュー。

名前はKing&Prince。

ユニバーサルと合同立ち上げのレーベル「ジャニーズユニバース」の第一弾アーティスト。

 

こんな情報の中に、インタビューで出てきたジャスティンの名前とかも混ざってるからもう訳がわからない。

おめでとう!という祝福の声と、6人…?という困惑の声が飛び交うタイムライン。

めでたい!と一瞬で思った。

 

 

 けど実際のところ、安心が大きかった。

 ああ、3人は、ずっと一緒にいれるって信じていいんだね。

 

 

 

正直KINGなんていつバラバラにされてもおかしくない状況だったと思う。状況、というか可能性はゼロなんかじゃなかった。‬きっと。それはKINGだけじゃなくて他のユニットも含めて。
‪いつどうなるかなんて分からないJr.界隈で、あんだけ推されて推されて、でもいつバラバラにされて、誰かとくっついてデビュー、なんてされるか分からない。

何が起きてもおかしくない、ってずっと安心なんてしてなかった。

 

あんだけ押される理由も、人気があったから推されたのか、推されたから人気出てきたのか、タマゴが先かニワトリが先か、みたいな意味のない考えも個人的にはあったけど、推されても数字出せなかったら普通に切られる話だし、他にもっと個性的で自分たちの道切り開いて強い意志と絶対のパフォーマンスで観客を魅了できるユニットとかたくさんある。

 

ずっとこう思ってたから、KING三人でデビュー、いつかなあ、っていう気持ちと、すのとかすととか、それ以外にだってもっと歴が長くて実力もそれなりの知名度もあるユニットの精神的時間的努力がそろそろ報われてもいいよなあ、ってのとか、そもそもJUMPみたいにユニットの人気どころ引っ張ってきてデビュー、とかだってあり得るなあ、とかで3割ずつくらいを脳内が占めてるような状況だった。


‪でもそれが一瞬で変わった。この6人でCDデビューです。その一言で、この間までの3つの悩みは全部吹き飛んだわけだった。

 

Mr.KINGとして3年弱、一緒にステージに立って成長してきた3人は、これからも一緒にいれる、という確証を持って、メジャーCDの世界に飛び込むことを決意してくれた。しょうれんかい、こんなに愛おしくてまるっとかわいい名前の羅列あります?ってくらいほんとうの三兄弟みたいな3人は、CDデビューという形で結果的にこれからも一緒にいれることを証明してくれた。こんな喜ばしいことはない。

 

確かにMr.KINGが好き。3人が入れ替わり立ち替わりステップを踏んでフォーメーションを変えながら歌うパフォーマンスも、誰が真ん中に立っても綺麗に見えるバランスと、お互いに切磋琢磨し合う関係も、2016年から明らかにまとまってきた仲の良さも、ステージに立つと天才的にイケメンな3人が突然キラキラ輝き出して夢を見せてくれることも、全部全部Mr.KINGが作ってくれたものだった。わたしたちに3人が与えたくれたものは山ほどあるし、綺麗な景色も、ペンライトの海も、3人のアイドルの成長も、全部くれたのはKINGだった。

ただ、小さくも、濃度の濃かったMr.KINGという王国で成長した3人は、新しく別の国の王子たちと一緒に、新しい景色を見に行くことを決めたんだよね。

 

 なんで6人なのかなあとは思わないとか言ったらめっちゃ嘘になる。
でももう、主犯が、とか、直談判が、とか、聞きたくないし、言いたくない。このタイミングでCDを出してデビューだと言いたい、自分の横にいてくれる人と一緒に戦いたい、と思っていた人が努力した結果がこれ。

さっきも言ったけど、Jr.のユニットは、確証がない。本人たちも、今頑張る場を与えられてるだけで、みんなはライバルで、みたいなこと言う子とかもいた気がする。

それはきっと、KINGも例外じゃない。

横を見れば2人がいる、一緒に頑張る人がいる、って何度も言ってたし、確かに3人はそれぞれお互いに支えになりあってたはずだけど、自分の努力と、仕事と、自分の夢が、一番信じられるものになってたんじゃないかなとも思う。デビューの形にはこだわらないって、誰かが言ってた。つまりそれは、今横にいる人たちと世界へ、っていう気持ちの反面、自分の夢を追えるタイミングがあれば迷わず向かう、という意味でもあったと思う。

 

だからこそ、今ここで6人がグループになります、という宣言は、「横に立っている5人は、もしかしたらライバルになってしまうかもしれない5人ではなくて、一緒に高みを目指していく仲間になりました」っていう宣言と同義だと思った。

きっと相当6人は話し合ったり悩んだりしたんじゃないかなとおもう。ここのところ3人と3人でかなりしっかりやってたからこそ、ここで6人が集まる意味はあるのか、6人でやれることはここまで3人でやってきたことより大きなことで価値のある、賭けてみる価値があるものなのか、当事者なんだからきっといろんなことを考えたはず。

6人が6人でやると決めたからには、そのかたちを応援したい。これからまだまだ長い道のりがあるし、可能性と伸びしろしかない。

 

関西から東京に出てきて、そこで仲間を見つけて、新しい環境で夢を追い始めて、誰よりも努力するけど絶対表には見せないしカッコつけたがりだし、トークまわすのが仕事だと自覚しながらも、それはまわりの人の役割を見極めた上で自分がトークまわそうと決めたその真面目な分析力からで、得意じゃないってずっと感じながら上達しようとしてて、ステージの上じゃまわしたくてまわしてます〜みたいな余裕な感じをわざと出して。得意そうな顔してでも実は努力が実らせた結果であって。

昔に比べたらほんっとトーク力あがってるし頑張りが自分の横にいる人たちを生かすことに繋がってる。だからこそ言葉が発する力の意味を理解していて、会見の時も、地に足ついたコメントが出来てたんだと直感的に感じた。成長して、大きくなろうとしてるよね。

 

こんな永瀬廉が輝ける場所が、少なくともこのジャニーズの世界の中にあるなら、絶対に応援してあげたいと心から思う。彼はまた新しいステージに進んで、キャリアアップを決意して、アイドルとして夢を追いかけようとしてる。アイドルとして続けるという意思があることに、また喜びを感じるし、まだ私たちの前にいてくれるなら、たくさん応援したい。

ここまで多分すごく迷っただろうし考えただろし苦労しただろうし、楽しくワイワイしてた関西から東京に出てきたわけだし、これからはシンプルに自分の夢を追いかけて欲しいので、おばさんは支援していきたいと、おもいます。

 

 

ここで6人で始めたことが正しいとか正しくないとか、今は誰もわからない。ただ、正しかったね、と時間が経ってからみんなに言わせることはできる。

それはこれから変えていけること。これからできること。

アイドルとして、ジャニーズとして、King&Princeとして、 あと少し先の未来で、6人でいれてよかったと、世間が、そして6人が、自信を持って言えるように。

がんばれ、自分と、隣にいる5人のことを信じるんだよ。